新着情報

「還付金詐欺」と「サポート詐欺」の巧妙な手口とは?(警察署別古物商等法令講習会)


どんより曇り空の本日は、目白警察署と目白防犯協会が主催する「警察署別古物商等法令講習会」に参加してきました。

講習会のメインは適正な古物営業に関する項目ではありましたが、講習会の冒頭に「特殊詐欺の現状」に関する案内がございました。

なんと、令和5年度の特殊詐欺による被害は、

 ✅ 被害件数 2,918件

 ✅ 被害額  81億5千万円

という数字だったそうです。

特殊詐欺と言えば、

 ✅ オレオレ詐欺

 ✅ 架空料金請求詐欺

などが真っ先に思い浮かびますが、ここ最近では「還付金詐欺」「サポート詐欺」の被害が相次いでいるそうです。

この記事の中で、それぞれの特殊詐欺の手口についてご紹介させて頂きますので、ぜひ被害に遭わないようご参考頂ければと思います。

還付金詐欺の手口

・役所の職員を名乗る人物から電話がかかってくる。

『還付金の手続きが済んでいないようですが、通知書は届いていますか?』

・当然そんな通知書は届いていないので、その旨を伝えると…

『今ならATMで受け取れますので、銀行職員からの連絡をお待ち下さい。』

・しばらくすると、銀行職員を名乗る別の人物から電話がかかってきて、銀行ATMまで誘導されてしまう。

サポート詐欺の手口

・WEBサイトなどを閲覧していると…

『ウイルスに感染しました』というメッセージとともに『サポートの電話番号』が表示される。

・焦って表示された電話番号に電話してしまうと…

『リモート操作でウイルスを除去します』という案内を受ける。

・そのまま指示に従ってパソコンを操作してしまうと、ネットバンキングを使って犯人の口座に送金させられてしまう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)