事務所理念

私たちは、いわゆる「税理士事務所」「会計事務所」と呼ばれる事務所を運営しています。 しかし、皆様がイメージする一般的な「税理士事務所」「会計事務所」とは違った部分があるかもしれません。 少しでも皆様に私たちのことを知って頂きたく、このページを作成しました。

私たちは、お客様との信頼関係を第一に考えています。

私たちは、税理士とお客様は強い信頼関係で結ばれたパートナーであるべきであって、お互いを尊重し合った信頼関係を築くことによって最高のサービスを提供することができると考えています。
だからこそ、一度お付き合いをさせて頂いたお客様とは、徹底的に向き合って、最後まで責任をもってお付き合いします。

私たちは、適正に税理士報酬を決定する『適正報酬主義』を採用しています。

私たちは、全国の自動車関連業の皆様が気軽にご相談頂けるよう、親しみやすく敷居の低い税理士事務所を運営していますが、まだまだ「税理士事務所=相談し辛い」というイメージを持たれている方も多いようで、その理由の1つに『料金の不明瞭さ』があげられます。
そこで私たちは、皆様に安心してご相談頂けるよう、『適正報酬主義』の理念を掲げ、下記に示す3つのことをお約束します。

適正報酬主義その1

事前にお見積金額を提示し、ご納得頂いたうえで業務を行いますので、ご承諾無しに請求をすることはありません。

適正報酬主義その2

報酬額は、業務内容や取引金額に応じて適正に決定しておりますので、お客様によって報酬額を水増しするようなことはありません。

適正報酬主義その3

お問い合わせ時に①事業内容、②取引規模(売上高と従業員数)および③ご希望の関与形態(月次訪問、年1決算など)をお知らせ頂ければ、即時詳細な御見積書を作成し、ご提案いたしますので、「正式に依頼するか決まってないので聞きづらい…」と思っている方でも、遠慮なく御見積書をご依頼いただけます。

WARNING!格安税理士事務所にご注意下さい!

最近、「月額○○円より、決算料無料!」などといった格安税理士事務所の横行が目立ちますが、値段と広告に惑わされない様、くれぐれもご注意下さい。
低価格志向の事務所運営というのは、低レベルのサービスに直結します。最低限のサービスしか提供できず、お客様の細かな疑問や要望には応えられないのです。
私たちは、「高品質なサービスを、低コストで!」をモットーに、単に税金の計算をして申告書を作成するだけではなく、お客様の話をしっかり聞いて、お客様の利益を最優先に考えたサービスを提供します。税務の枠に囚われず、少しでもお客様の事業に貢献できることが私たちの喜びなのです。

私たちは、『開業したばかりのお客様』や、『業績が悪化してしまったお客様』に対しては、税理士報酬を減額します。

事業業績というものは常に一定ではなく、その大小は様々ですが、必ず波があります。 起業して間もない場合、一時的に業績が悪化している場合には、事業が軌道に乗るまで、また、会社の業績が良くなるまでは、私たちも税理士報酬を減額し、お客様と一緒に苦しい時期を過ごします。 万が一、税理士報酬が払えなくなってしまったとしても、私たちは、顧問契約を解除しません。信頼関係を築いた大切なお客様ですから、仮に事業を辞めるという決断をされたとしても、人生のリスタートまで、責任を持ってお手伝いします。

私たちは、『税理士の変更により顧問契約をご依頼頂いたお客様』には、2ヶ月分の税理士顧問料をキャッシュバックします。

税理士を変更するということは、お客様にとっても、前任の税理士にとっても、そして私たちにとっても、様々な負担があるものです。
税理士顧問料の支払が重複してしまうケースも多いですし、前任の税理士に長期にわたって世話になっていた場合には、御礼金を支払った方が良いこともあります。そこで、これらの負担を考慮して、税理士の変更により顧問契約をご依頼頂いたお客様には、2ヶ月分の税理士顧問料をキャッシュバックすることにより、お客様の負担を軽減させていただきます。

4つほど、私たちの特徴を書かせて頂きましたが、全てはお客様の満足を得ることを目指した事務所運営をしたいという想いから生まれたスタンスです。

下記の項目のいずれかの項目に該当する方がいらっしゃいましたら、ぜひ、私たちにご相談下さい。

今の税理士と世代や趣味の違いから話が合わない

私たちは、信頼関係を築く為には、税金の話だけでなく、雑談も大切だと考えます。

毎月訪問してくれる税理士が、具体的に何をしているのか説明できない

私たちは、作業内容などについて、常に報告を行います。

 全く訪問してくれない、または、打合せは税理士事務所を訪問して行う

 私たちは、お客様を訪問することによって、会社の雰囲気や、従業員さんの様子を拝見することができ、それが良いアドバイスに繋がると考えます。

 事務所の職員が担当していて、税理士先生は年1回しか顔を出さない

私たちは、必ず税理士酒井将人か税理士相川奈緒が直接担当します。

 質問してもなかなか返事が返ってこない

私たちは、迅速丁寧なご対応をモットーとしております。

 

以上、最後までご覧頂き有難うございました。