CAR LIFE BLOG

モンキー・ゴリラ 2次減速比(ファイナル変更)~スプロケット交換 F13丁×R31丁→F15丁×R31丁~


ゴリラ君の75ccボアアップに伴い、ファイナル変更を行いました。

クラッチ交換の際に1次減速比(ギア比)変更も検討したのですが、

動くかどうか分からないエンジンだったので、見送りました。

1次減速比(ギア比)
[プライマリードリブンギア ÷ プライマリードライブギア]

ノーマルの12Vゴリラのスプロケットは、フロント(ドライブスプロケット)が13丁でリア(ドリブンスプロケット)が31丁なので、現在の2次減速比は「2.3846」ということになります。

2次減速比(ファイナル比)
[ドリブンスプロケット ÷ ドライブスプロケット]

これを少しロングに振るために、フロントを「13丁→15丁」に変更することにします。

交換作業そのものは慣れていれば10分~15分もあれば十分かと。

まずチェーンカバーを外しまして、

ジェネレーターカバーも外します。

リアアクスルとチェーンアジャスターを緩めてドライブチェーンも外してしまいます。

チェーンクリップを繋いだままでも交換可能かと思いますが、外してしまった方が個人的には楽だと思います。

こうして見てみると結構減っていますね。

ドライブスプロケットは2本のボルトで止まっているだけなので、簡単に外れます。

やっぱり13丁と15丁では大きさが明らかに…

あれ?

思ったより大きさに違いがない気が…

1、2、3、4、…

14丁でした(笑)

ずっと13丁だと思い込んでおりました。。。

先日降ろしたノーマルエンジンの13丁と比較すると、

確かにひと回り大きいです。

まっ、いっか (≧∇≦*)

気を取り直して、新しいスプロケを組んでいきましょう。

なお、スプロケを固定する2本のボルトは新品に交換します。

純正部品№:90084-041-000
ドライブスプロケットボルト
定価:170円(税込)×2個

新調した純正ボルトと、もともと使われていたボルトを比較すると

ずいぶん形状が異なっていました。

そして交換後がコチラ。

チェーンを付けると、

う~ん、無加工だと15丁が限界ですかね。

16丁以上だと恐らくケースに干渉すると思われます。

最後にチェーンの張りを調整したら

完了です。

早速走ってみましたが、トルク的にはまだまだロングに振っても余裕な感じです。

取り敢えず暫くはこの仕様で乗ってみて、「吸排気+キャブ」でもう少し出力を上げるか否かを考えようと思います。

★★4miniバイクの関連記事をご覧になりたい方は、下記「4ミニ広場」ロゴをクリック★★

 


スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)