CAR LIFE BLOG

モンキー・ゴリラ ヘッドとインマニの間からの2次エア吸い込み修理


ヘッドとインマニの接続部分から2次エアを吸っていたゴリラ君。

何となく原因は分かっていたので、1つずつ試していきます。

もともと純正の状態ではOリングのみでシール(密封)されているのですが、キタコのボアアップキットにガスケットシートが付属していたので、現在は古いOリングを残した状態でこのガスケットシートをプラスしています。

まずは、このガスケットシートを抜いてみます。

エンジンをかけてパーツクリーナーで2次エア吸い込みのチェックをしてみましたが…

ダメでした。

次は、Oリングを新品にしてみます。

純正部品№:91301-GK4-871
Oリング27×2.0
定価:225円(税込)

古いOリングと比べると、

ご覧のとおりですので、これで完治するでしょう!

という訳で、再びエンジンをかけてパーツクリーナーで2次エア吸い込みのチェックをしてみましたが…

ダメでした。

次は、ヘッドとインマニの接合面をそれぞれオイルストーンで丁寧に均してみます。

オイルでベトベトになるので、あまりやりたくない作業だったのですが、仕方ありません。

これでもう2次エアを吸う原因はありませんので、三度(みたび)エンジンをかけてパーツクリーナーで2次エア吸い込みのチェックをしてみましたが…

ダメでした。

もう最後の手段で、厚めのガスケットシートを切り出して強めに圧着してシール(密封)させることにしました。

とここで、急に面倒くさくなってきました(笑)

何度もキャブレターを外して、付けて、外して、付けてを繰り返してきているので、完全に集中力が切れたというかヤル気スイッチがOFFになったようです…。

そこで取り出したるは、禁断のシリコンガスケット!

適当にマスキングして、

適当に塗れば、

はい完成!笑

取り敢えず2次エア吸い込みの症状は治ったので、また今度キャブレターを交換かオーバーホールする際にでもキチンと対処しようと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)