自動車業界の税務ポイント

法人化(法人成り)は、合同会社ではなく株式会社で!【自動車・バイク業界と会社設立】

突然ですが、個人事業主として自動車・バイク業界でご活躍中の中古車屋さん自動車・バイク整備工場さん板金塗装屋さん法人化(法人成り・法人設立)をご検討の際には、合同会社ではなく、株式会社を設立して下さい。

何のことだか分からない方も多いかと思いますので、具体的にご説明させて頂きたいと思います。

会社には様々な種類があります

実は、一言で「会社設立」といっても、会社法という法律で認められている設立形態は、「株式会社」「合同会社(LLC)」「合資会社」「合名会社」の4種類があります。
このうち「合資会社」「合名会社」については、とりあえず無視して頂いてOKです。
ちなみに、以前は「有限会社」という設立形態もありましたが、平成18年に会社法という法律が施行されてからは、新たに「有限会社」を設立することができなくなり、以前から設立している「有限会社」に限り、「株式会社」と全く同じ扱いを受ける会社(=「特例有限会社」)として存続することとなっております。

株式会社は良く聞くけど、合同会社(LLC)って何ですか?

合同会社(LLC)は、平成18年に会社法という法律で、新たな設立形態として制定されました。
税務上の取り扱いは、株式会社と「ほぼ同じ」で、設立費用は、株式会社より10万円~15万円ほど安くすみます。
ですので、節税だけを目的とした法人化(法人成り・法人設立)では、合同会社を活用するケースが非常に多くなっています。

通常の税理士事務所(会計事務所)に法人化の相談にいくと、おそらく合同会社を勧められることでしょう。
しかし、法人化の目的は、「節税」だけではありません。

目先の手軽さや設立費用の安さだけに囚われず、将来的なことも考えて、設立形態は「株式会社」を選択して下さい!

意外と知られていない、法人化(法人成り・法人設立)のメリット

法人化の最大のメリットは、やはり「節税」です。
最近では、どの書籍にも「法人化による節税メリット」について記載がございますし、全国どこの税理士事務所(会計事務所)に相談したとしても、「法人化のメリット=節税」との回答を得られると思います。
しかし、法人化のメリットが節税だけではないからこそ、私たちは「株式会社」を推奨するのです。

法人化の隠れたメリット①:社長になれる

皆様は「社長」になったことはありますか?私はあります!笑
私は現在、ピークコンサルティング株式会社というグループ法人と、セカンドエフォート株式会社(休眠中)というグループ法人の代表取締役社長に就任しております。
もちろん、社長だからといって偉い訳ではございませんが、仕事に対するモチベーションが高まりますし、「節税効果」以上に「社長なってみる価値」はあると思います。

法人化の隠れたメリット②:信用度のアップ

ご存知のとおり、我が国における商売の基本は「信用」です。
そして、この「信用」というものは、不思議と個人事業主より法人の方が得やすいものなのです。
ちなみに、法人の方が信用を得やすい最大の理由は「登記されているから」といわれています。
(個人的には、「会社を設立して本気で商売をしている!」という印象こそが、最大の理由だと思いますが…。)
登記されている法人の重要事項は、いつでも誰でも閲覧することができるので、誰が何処でどういった商売をしているのかが登記事項を見れば一目瞭然だからこそ、信用が得やすいのです。

やっぱり「株式会社」ですよね

合同会社の代表社員になりたいですか?

株式会社の代表取締役社長になりたいですか?

合同会社と株式会社、どちらが社会的信用を得やすいと思いますか?

ぜひ一緒に株式会社を設立しましょう!

注意事項

今回は少し違った視点から、法人化についてご案内させて頂きましたが、実際の法人の設立には様々なルールがありますし、将来の相続対策や事業承継なども考慮すると、様々な検討を行う必要がありますので、法人化をご検討中の方は、必ず専門家に相談する様にして下さい。
なお、私たちも自動車・バイク業界の方への法人化無料相談を行っておりますので、どんな些細なことでも結構です、ぜひ気軽にお問い合わせ下さい。

自動車業界における法人化

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

中古車販売の実務が1冊の本になりました

直営サイトリンク

『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A』


中古車販売店の経営・会計・税務について、詳しく、そして分かりやすく書かれた『中古車販売業の実務に携わる方の必携書』が大好評発売中です。
中古車販売店の経営者の方や経理担当者の方だけでなく、中古車販売店を顧客に持つ会計事務所担当者の方やこれから中古車販売店の開業を予定している方にも、ご活用いただける1冊となっています。

詳細はコチラ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)