CAR LIFE BLOG

カワサキ Z200 ブレーキパッド選びの落とし穴!?

しばし放置状態となったZ200のブレーキ関連の作業ですが、純正部品が届くまでの間、ブレーキパッド選びについてまとめておきます。

Kawasaki Z200の歴史(モデルチェンジ)

Z200のモデルチェンジについては、ほとんど情報を得ることができませんでしたので、正確性は保証できませんが、ざっくり下記のような感じだと思います。

1977年~ A1
1979年~ A2(カラー変更、タンクロゴ変更など)
1980年~ A3(キャブレター変更など)
1981年~ A4(点火方式変更、キック廃止など)、
1982年~ A5(カラー変更など)
1983年~ A6(油圧ブレーキに変更など)

このうち、A3までは国内で販売されていたと思いますが、1980年には後継モデルである『Z250FS』が発売されているので、A4以降は輸出モデルかなぁ…と推測します。

Kawasaki Z200のブレーキパッド

前述のとおり、Z200のフロントブレーキは77~82年(A1~A5)までは機械式のディスクブレーキが装備されていて、83年(A6)から油圧式に変更されています。

そもそも、現存するZ200は、ほぼA1~A3だと思うので、機械式用のパッドを選べば間違うことは無いと思います。

いや、そう思っていました。

メーカーの記載誤りか??

ブレーキパッドを入手するにあたって、念のため純正部品の在庫を調べましたが、当然のことながら「在庫なし」でした。

仕方なく、通販やネットオークションで入手することにしたのですが、年式や型式で検索すると、次の2つがヒットしました。

デイトナ 赤パッド(型番「79866」)

キタコ SBSパッド(型番「510HF」)

いずれも『適合車種』には当時のカワサキ車が挙がっています。

・79 Z200(S)
・76-80 KH250B(S)
・79-81 Z250FT(S)
・79-80 Z400FX(S)
・76-78 KH400(S)
・81- Z550FX(W)
・77 Z750D-1(W)
・79 Z750FX (W)
・79 Z1000MK2(W)

しかし、この中でZ200だけが『機械式』なので、どう考えても違う気がします。

というより、そもそもパッドの形が全然違います( ̄□ ̄;)!!

ベスラ(Vesrah)オーガニック(型番「SD-309」)

適合車種を信用しずぎずに、形が同じもので探してみたところ…見つけました!

形としてはは、これで間違いないと思います。

しかし、記載されている『適合車種』はと申しますと…

・77-81 GT50
・80-82 OR50
・78-79 KZ250

KZ250??

詳しいことは良く分かりませんが、たぶんこれで良いのだと思います(笑)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)