CAR LIFE BLOG

バイクの空気入れは自転車用で十分?

私たちの事務所付近では既に白いものが降り始めていますが、本日1月22日(月)は、首都圏の市街地でも雪が積もり、大雪となる恐れがあるそうです。

お車で移動されている方はもちろんのこと、電車などの交通網にも混乱が生じる可能性があるそうなので、皆様くれぐれもお気を付け下さい。

さて、そんな雪予報を聞きつけた昨日、自宅兼事務所に置いてある2台のバイクを久々に動かしておくことにしました。

この季節は、なかなかバイクに乗る機会もなく、約3週間ぶりの始動となったのですが、SRV250Z200ともにセル1発で元気にお目覚めです。

ただ、Z200の方は見るからに空気圧が不足している様子だったので、自慢の自転車用の空気入れで空気圧を調整してから近所を1周走らせました。

オートバイと自転車用の空気入れ

バイクの空気入れに関しては、様々な意見や商品レビューがネット上の情報として出回っておりますが、個人的には、格安の自転車用の空気入れで十分だと思います。

具体的な商品名やレビューは伏せますが、足で倒れないように支えて、両手で上からシュコシュコする一般的なタイプです。

これで少し多めに張っておいて、あとはエアゲージで計測しながら空気圧を規定値に調整する、これが一番楽で良いと思います。

と、せっかくお読み頂いたのに、大した情報ではなくて申し訳ないので、ここで1つ有用な情報をお伝えします!!

一般的な自転車用の空気入れでチューブタイヤに空気を入れるとき、クッ!クッ!と負荷がかかるタイミングがあると思いますが、そこが「200kPa(2.00kgf/c㎡)」です!笑。

余計な冗談はこの辺にしまして、積雪が予想される地域の皆様、本日は早めの帰宅をお願いします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)