税金雑学

オリンピック 金・銀・銅メダリストへの報奨金と税金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今から3年半以上前の2014年7月のこと、「オリンピックにまつわる税金雑学」という記事を書かせていただきました。

http://www.mn-tax.jp/garage/archives/222

そして、先日閉幕した平昌オリンピックの影響もあり、この記事に対してご指摘を頂きました。

「報奨金の金額が間違っている!」

と。

少しだけ言い訳をさせて頂きますと…

日本オリンピック委員会(JOC)による報奨金制度は、1992年のアルベールビル五輪から導入(金300万円、銀200万円、銅100万円)され、2016年リオ五輪から金メダルのみ、報奨金の額が500万円に増額されているのです。。

私がこの記事を書いたのは、2016年のリオ五輪より前のことですので、当時と現在では、報奨金の額が変っている点、何卒ご了承頂きたく、皆様にお願い申し上げます。

とは言いつつも、誤解を与えてしまったことは、私の不徳の致すところでございますので、この場をお借りしまして、お詫び申し上げます。

(元の記事には、補足説明を追記させて頂きました。)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)