CAR LIFE BLOG

カワサキ Z200 バッテリー上がり

昨日、約2週間ぶりにZ200を始動したのですが、明らかにセルスターターの勢いが落ちていて、セル始動が出来ませんでした。

電圧不足の症状で、いわゆる「バッテリー上がり」というヤツです。

Z200はキック付きのキャブ車なので、セルが回らなくてもそこまで困ることはない(実際には、キック始動の方が難しいので、私のような素人は困る)のですが、取り急ぎバッテリーを充電することにしました。

左のサイドカバーを外すとバッテリーが出てきます。

搭載されていたのは密閉型バッテリーで、サイズ的に横置が出来ないので、縦置されていました。

左側が従来のマイナス側のケーブルで、右側が縦置(マイナス端子が下側にきてしまう)のために追加した長めのケーブルですかね。

そして、バッテリーを止めるゴムバンドが無いなぁ…と思っていたら、バッテリーの奥から、ボロボロのゴムが大量に出てきました…。

という訳で、私が持っている充電器の設定範囲では、最弱設定となる2Aで充電を開始しまして…

約3-4時間で満充電となりました。

充電されたバッテリーを車体に戻して、取り敢えず「紐」で固定します。

その結果…

これまでに無い勢いで、セルスターターが回りました!

バッテリーの劣化や異常放電の可能性もあるので、しばらくこのまま様子を見たいと思います。


写真:大手バイク用品店の駐輪場にて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)