CAR LIFE BLOG

プジョー106 Rallye オルタネーター交換+αにて無事退院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バッテリーチャージランプ(警告灯)点灯で入院していた相方テンサンラリーの修理が完了したとの連絡を頂いたので、昼に仕事を抜け出して引き取りに行ってきました。

ご覧のとおり、もう警告灯は灯りません。

今回の整備内容は、当初予定していたオルタ交換と「+α」です。

バッテリー警告灯が点灯して真っ先に疑われるオルタ君ですが、今回はオルタ一体のレギュレーター不良だったとのことで、オルタASSYを安心と信頼のBOSCH製リビルト品にて交換して頂きました。


写真:交換後のオルタネーター

これにて、〝通常〟の警告灯点灯の症状は改善されるそうですが、〝ぼんやり灯る方〟の警告灯点灯には別の原因があったそうです。


写真:ぼんやり灯った警告灯

この「ぼんやり点灯」は、アース不良が引き起こしていた症状らしく、メーターとオルタ間でアース線を新規に引き直すという「+α」の作業にて対応して頂きました。

本日は天気も良く、久々のテンサンラリーで最高の昼休みドライブでした!

確定申告もいよいよ大詰め、明日から(いや、今夜から…泣)ラストスパートです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)