自動車業界の税務ポイント

自動車税減税の影響は??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1950年に創設された「自動車税」制度ですが、2019年10月に予定されている消費税増税にあわせて、減税されるということは新聞やネットニュースなどでご覧になっていると思います。

実は、2000cc以下の所謂「売れ筋車」の自動車税が減税されるというのは制度が始まって以来はじめてのことで、今回の恒久減税による減税規模は1,320億円にも上ると言われています。

果たして、この自動車税減税によって、消費税増税(8%→10%)が自動車販売会社に与える影響をどの程度緩和できるでしょうか。

財源確保のためにエコカー減税など既存の減税制度は縮小、

自動車取得税が廃止され、燃費課税が導入、

その他諸々…

正直、自動車税制の改正が〝どっちに転ぶか〟は未知数です。

自動車販売店の皆さまには、税制改正に応じたマーケティングを行うことも勿論大切だと思いますが、税制は一過性のものと捉えて、税制に左右されない強固な経営基盤の確立を目指して頂きたいと思います。

どう動くか?軽自動車市場

今回の自動車税減税で、最も下げ幅が大きいのが「排気量1,000cc以下」の所謂コンパクトカーで、その金額(減税額)は年4,500円です。

コンパクトカーが現行の年29,500円から年25,000円に引き下げられる一方、軽自動車に適用される「軽自動車税」は、年10,800円で据え置かれることになりました。

今回の消費税増税では、様々な制度改正が混在するため、あまり目立った駆け込み需要は発生しないのでは…?と考えていますが、軽自動車については、消費税増税&エコカー減税縮小前の駆け込み需要が起きるかもしれませんね。

でも、減税が適用されるのは…

今回の自動車税の減税が適用されるのは、2019年10月以降に購入される新車になります。

つまり、私のような中古車生活を送っている人間には嬉しくも何ともないニュースなのです(笑)

という訳で、今年も13年経過した罰として?15%重課された自動車税(軽自動車税)をキッチリ納めたいと思います(泣)

・PEUGEOT 106S16 → 45,400円(重課)
・PEUGEOT 106Rallye → 39,600円(重課)
・SUZUKI JimnySIERRA → 34,500円
・KAWASAKI ZR-7 → 6,000円
・SUZUKI Goose350 → 6,000円
・YAMAHA SRV250 → 3,600円
・KAWASAKI Z200 → 3,600円

7件合計 138,700円 (TдT)

任意保険(自動車保険・バイク保険)も7台分払ってます (ノд-。)

今年の9月は、106RallyeとJimnySIERRAとZR-7の3台が車検です (ノTДT)ノ

色々と負担はありますが、それ以上に私の人生を豊かにしてくれる存在が「クルマ」であり「バイク」です。

誰かお財布の中身も豊かにして下さい!笑

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)