CAR LIFE BLOG

ホンダ 12Vゴリラ(Z50J-W) 前カゴ(モンキー純正)の撤去[検索]モンキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カワサキZ200を手放すことが決まってから、ずっと探していたホンダ ゴリラ!

掲げた条件は、たった2つです。

1つ目は、Z50Jの12Vゴリラであること。

1978年(昭和53年)8月に発売されたゴリラ(6Vゴリラ)は、1988年(昭和63年)に一旦廃止となり、1998年(平成10年)1月に12Vゴリラとなって復活しました。

その後、1999年(平成11年)9月に排ガス規制に対応させるためにブローバイガス還元装置を設置するなど、その型式がAB27となりました。

つまり、1998年1月~1999年9月の間に発売された個体だけがZ50Jの12Vゴリラということになります。

2つ目は、生まれたままの姿であること!
(ノーマル戻しではなく、ずっとフルノーマルの個体)

カスタムしては戻し、バラしては組み、を繰り返されているモンキー・ゴリラにおいては、とんでもない金額で売られているデッドストック車以外には、生まれたままの姿を維持している個体など存在しません。

以上2つの条件をお聞きになって、こう思われた方が殆どだと思います。

『見つかる訳がない!』

私も、正直そう思っていました。

しかし、強く願えば叶うこともありました!

1998年式 ホンダ ゴリラ、新車から21年間ワンオーナー車両。
そして、フルノーマル。

実走行距離 約11,800km。

奇跡ですね。

なお、誤解がない様に念のため補足させて頂きますが、私が設定した条件が「特殊」というか、「変な拘り」なだけであって、決して市場において付加価値が高い個体ではありませんので、悪しからず。

まだ、1時間ほど試走してみただけなので、整備等はこれから進めていきますが、早急に対処する必要がある点としては、

・アイドリングしない(アクセル戻すとエンスト)
・クラッチが完全には切れない
・チェーンがだるだる

といったところかと。

その他、消耗品やサスペンション関連も順次対応していく予定ではいます。
(時間がどれくらい取れるか…また、放置車両にならないよう頑張ります。)

そんなこんなで、まず手始めに、モンキー純正品が取り付けられていた前カゴを撤去&処分しました。

『いや、もっと他にやることがあるでしょ!!』

と私自身も思ったのですが…

実は、

その日は、

「燃えないゴミの日」だったのです!笑

月に2回しかない「燃えないゴミの日」ですから、処分品が出る作業を最優先です!

ちなみに、モンキーカゴはフロントフォークアウターに付属ステーを付けて、もう1つのステーをヘッドライトステーに共止めする形で取り付けられているのですが、このライトステーのフランジボルトが錆付いてヤバい状態だったので、急いで発注しました。

税込41円×2個=82円

安っ!

まぁ、ボルトが安いのは当たり前として、モンキー・ゴリラ系は、その部品1つ1つが高くないという点がグッドですよね。

という訳で、ほぼカタログ通りの12Vゴリラ君の完成です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)