CAR LIFE BLOG

ヤマハSRV250 ナンバー返納してきました【軽二輪(126~250ccバイク)の名義変更手続き】


本日は出勤前に練馬陸運局に立ち寄って、先日陸送で新オーナーさんの元に旅立ったSRV250の一時抹消をしてきました。


写真:ドナドナされるSRV250

当方でナンバー返納(一時抹消)を行い、書類を新オーナー様にお届けする流れで名義変更を行うのですが、ご存じのとおり2019年7月1日から軽二輪に関する手続窓口が「軽自動車協会」から「運輸支局」に変更になったことに伴い、申請用紙や手続方法も一部変更されております。

私たちは税理士事務所なので、登録業務は専門ではないのですが、なぜか登録手続きに関するお問合せが多く寄せられます…。

今回もご参考までに一時抹消手続きの流れをご紹介させて頂きますが、実際に手続きされる際には、所轄の運輸支局にお問い合わせのうえ、自己責任にてお願いします。

軽二輪の一時抹消手続き

軽二輪の一時抹消は、「軽自動車届出済証」と「ナンバープレート」と「認印」さえ持っていけば、意外とあっさり終わります。

兎にも角にも、まずは「受付」をします。

この受付で「軽自動車届出済証」を出すと、用紙が2枚渡されます。

1つは、「申請書(軽二輪第5号様式)」で、ナンバー返納後に再び受付に提出するので、必要事項を記載しておきます。

もう1つは、「手数料納付書」で、こちらも必要事項を記載します。

そして、別棟の「自動車登録番号交付所(ナンバーセンター)」に持っていって、

ナンバープレートを返納すると、先ほどの「申請書(軽二輪第5号様式)」に返納確認印がもらえます。

返納確認印をもらったら、「手数料納付書」と「申請書(軽二輪第5号様式)」を再び受付に提出し、整理券を受け取ります。

しばし「交付窓口」の前で待っていると…

番号が呼ばれ、「軽自動車届出済証返納証明書」が無事発行されました。

これで一時抹消が完了したので、最後に別棟の「東京都自動車整備振興会」に行って

「軽自動車税申告書」を提出して終了です。

以前は、用紙代がいくらかかかった記憶がありますが、今回の手続きでかかった費用は0円です。

なお、2019年7月1日から、新規登録(中古車)をする際に「譲渡証明書」が必要になったようなので、今回発行された「軽自動車届出済証返納証明書」と「自賠責保険証明書」と「譲渡証明書」を次のオーナーさんにお送りしました。

バイクに乗る時間が取れないので、台数を減らしているのですが、どうしても欲しい車種が1つあって、良い出物があれば、買ってしまいそうな予感がします。

自制心、自制心っと。

Similar Posts:

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)