CAR LIFE BLOG

ホンダ 12Vゴリラ(Z50J-W) モンキー・ゴリラの盗難防止対策について考える(結局オススメは盗難保険?)


縁あって12Vゴリラに乗るようになって、早8ヶ月。

久々(12年ぶり?)の4ミニなので、楽しくて楽しくて、可愛くて可愛くて、充実したゴリラライフを送っているのですが…

日々「盗難」に怯えています (((( ;゚д゚)))アワワワワ

そこで今回は、盗難ナンバー1の「モンキー」「ゴリラ」の盗難防止対策について考えてみたいと思います。

「モンキー」「ゴリラ」はなぜ盗まれるのか?

盗難対策を考える際に重要になってくるのは、「なぜ盗まれるか」を知ることです。

とここで、泥棒の気持ちになって考えてみましょう(笑)

あなたが泥棒なら、どんなバイクを盗みたいですか??

それでは、シンキングタイム…スタート!!

終了~♪

答えは簡単ですね。

まず1つは、

『盗みやすいバイク』

です。

ハッキリ言って、「モンキー」「ゴリラ」なんて瞬殺で盗めます!

もう1つは、

『高値で売れるバイク』

です。

「モンキー」「ゴリラ」はパーツ需要もイカツイのと、簡単にバラして組み直しができるので、適当な書類付フレームと盗難車を合体させれば、1~2万円程度の原価で、時価20万円程度のバイクが簡単に出来上がってしまうのです。

「モンキー」「ゴリラ」にオススメの盗難防止対策は?

そんな泥棒さんに大人気な「モンキー」「ゴリラ」ですが、盗まれないようにするには、どうすれば良いか考えてみました。

盗難防止グッズ

最近のバイクの盗難防止グッズは、チェーンやアラームなどたくさんの種類があります。


写真:DAYTONA ストロンガーチェーンロック

もちろん、盗難防止グッズを付けないより付けたほうが良い訳ですが、超軽量級の「モンキー」「ゴリラ」の場合、どこまで安全を確保できるかは疑問です。

室内保管

もうこの方法しかないと思います。

私の12Vゴリラはワンオーナー車だったのですが、実際に前のオーナーさんは、玄関内に入れて保管されていました。

でも、そのような環境でバイクを保管できる方は少ないでしょうし、盗難防止のためにレンタルコンテナなどに押し込めてしまっては、「いつでも気軽に乗り出せる」という4ミニの魅力も半減してしまいます。

防犯カメラ

これは真剣に検討しています。

私の場合、12Vゴリラだけでなく、他のバイクも停めているので、防犯カメラの必要性は強く感じています。

防犯カメラは、盗まれた後の犯人探しに活躍するだけでなく、盗難抑止効果が期待できます。

バイク盗難保険

盗難を完全に回避できない以上、最終的には「盗難保険」に頼るしかないと思います。

でも、盗難に遭った際に貰える保険金や年間の保険料って、どれくらいなのでしょうか…

気になったことは調べずにはいられない性格なので、調べてみました。

バイク盗難保険といえば、

『ZuttoRide Club(ズットライドクラブ)』

くらいしか思い当たらないので、早速見積もってみます。

まずは、バイクの情報を入力します。

すると、盗難保険に入ることができる「査定額」が表示されました。

うちのゴリラ君は、180,000円の価値があるそうです。

(実際は、もっとお金がかかってますが…笑)

そして次に「保険プラン」を選びます。

私はJAF会員なので「ロードサービス」は「加入しない」にして、盗難保険のみ上限180,000円を選択すると、

年間の保険料は『8,600円』になるようです。

さらに、加入期間を1年、2年、3年の中から選択します。

長期契約をすることで、先ほどの保険料から割引がされるようです。

年間8,000円で180,000円の盗難補償。

180,000円÷8,000円=22.5年

「モンキー」「ゴリラ」の盗難率は…??

う~ん、超悩む ( ̄ω ̄;)


スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)