CAR LIFE BLOG

NJ4BAグラストラッカー インジケーターランプ交換でニュートラルランプの見え辛いを解消[検索]ボルティー・ST250


日中はニュートラルランプが少し確認し辛いグラトラ君。

キーをONにしても…

この程度の明るさです。

今回は、この症状を3段階で改善していきたいと思います。

インジケーターランプのLED化

まず手始めに、ランプ球をLEDに交換します。

特に商品へのこだわりは無かったので、品質とお値段とのバランスを考慮してスタンレー電気のスタンダードタイプを選びました。

元々のバルブは、電球色の純正品です。

これをLEDに交換しますと…

ご覧の明るさ。

レンズを付けてみると…

元の3~5倍は見えやすくなった気がします。

インジケーターレンズの交換(ボルティー用)

次に、インジケーターレンズの視認性をアップすべく、ボルティーに採用されていた(前期のグラトラにも?)メッキ枠タイプのものに交換します。

レンズ(グリーン)
純正品番:36321-25D00-000
定価825円

見え方は人それぞれだとは思いますが、個人的にはコッチの方が良い感じです。

ウインカーインジケーターレンズの交換(緑→橙)

最後の仕上げは、緑色のニュートラルランプの隣で同じく緑に輝くウインカーインジケーターランプのレンズの色をオレンジに変更します。

レンズ(オレンジ)
純正品番:36331-13GA0-000
定価341円

やっぱりウインカーといえばオレンジですよね!

これでウインカーの消し忘れ防止にもなれば、尚良しです。

改めてビフォー・アフターを比較してみると…

これが、

こうなりました!

めでたし、めでたし。


スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)