CAR LIFE BLOG

プジョー106S16 ドライブシャフト交換(ついでに、ハブベアリングとデフサイドシールも交換)


朝から快晴の本日は、ドライブシャフト交換で入院していた106S16君のお迎えに行ってきました。

乗り慣れない電車を乗り継いで、長閑な街並みを歩きます。

で、お引き取り。

走行距離の備忘録。

141,123km メモメモφ(・ω・`)

ブーツが破れていた左側。

SKFという補修パーツメーカーの「VKJC3898」という製品のようです。

そして右側。

こちらは「VKJC4438」です。

ちなみに純正品番は…

<前期:車台番号08094以前>

左 3272 T9
右 3273 05 

<後期:車台番号08095以降>

左 3272 8Q
右 3273 7Q

と、同じS16でも前期側と後期型で少し形状などが異なるようです。

それから、MTオイルが漏れていたであろうデフサイドシールと、ハブベアリングもドライブシャフトを抜いたタイミングで同時交換となります。

・左右ハブベアリング プジョー純正「3350 32」
・左右ハブナット   プジョー純正「3297 24」
・左デフサイドシール CORTECO「20020137B」
・右デフサイドシール ELRING「505.090」

※ドライブシャフトASSYに付属していたハブナットは、旧ドライブシャフトに同梱包されて戻ってきました。

数年前から患っているミッションオイルが、デフサイドシール交換で解決するのかは、しばらく様子を見るとして、

複数ある足回りからの異音がまた1つ減ったが気がします。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)