CAR LIFE BLOG

プジョー106S16 タイヤ交換(ついでにホイールも!)

タイトルの通りなのですが、社用車プジョー106S16のタイヤを交換しました。
もともと履いていたタイヤは、溝はまだまだ残っていたのですが、うち1本に「パンク修理痕」があり、適切に補修されているとはいえ、どこの誰が補修したかも分からないタイヤというのは気持ちの良いものではないですよね?
私自身、前々から気がかりだったので、早めのタイミングで交換することにしました。

ちなみに、今回チョイスしたのは「YOKOHAMA S.drive AS01(185/55R14)」というタイヤです。

不満を抱く者が1名

タイヤ交換に際し、ホイールを現在の「ラリ鉄」のままにするか、ストックで持っている「OZ RACINGスーパーツーリズモ」に履き替えるかの検討を行いました。

私はホイールを保管している事務所(新宿区)までホイールを取りにいくのも面倒だし、外したホイールを洗浄するのも、更に面倒なので、「ラリ鉄」のままで良いと考えていたのですが、「少し気分転換に違うホイールを履きたい!」という相方の意見を取り入れて、ホイールを履き替えることにしました。

しかし、1つだけ気がかりがあります。

それは、現在3歳の娘が、日頃から「臭いブーブ(←106のことです。)のタイヤ(←ホイールのことです。)、可愛いねぇ♪」と言っていて、どうやら「ラリ鉄」が気に入っている様なのです。

それでも「まぁ、同じ白ホイールだから大丈夫だろう…」と高を括って交換に踏み切った訳ですが、案の定クレームが入りました!

「何で、臭いブーブのタイヤ変えちゃったのさー(●`ε´●)」

残念ながら子供を説得できるだけの理由は見当たらなかったので、取り敢えず、外した「ラリ鉄」を洗浄し(風呂場で2時間格闘しました…)和室に展示?してみたところ…

ラリ鉄展示

「これ、臭いブーブのタイヤ(*^-^*)?」

とご満悦の様子。

あとは、忘れたころに時期をみて片付けるとしましょう…。

大人の事情ってヤツですかね…

スライドドアの天井の高いクルマではなく、ドアが2枚しかない小さなクルマばかりに乗っているのは、いわゆる「大人の事情」ってヤツなので、今後、子供からの要望には極力応えてあげようと思います。

oz装着

ちなみに交換作業は、地元の「矢東タイヤ」さんにお世話になりました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)