DT50レストア大作戦

第23回:DT50 試走直前トラブル!?インジケーターランプ不点灯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試走に向けての整備を終えた我らがDT50ですが、エンジンをかけて走り出そうとしたとき、新たな不具合が見つかりました。

インジケーター正常時

この写真は、エンジンをかけた状態のメーター回りを撮影したものなのですが、このDT50というバイクは、オイル警告灯の球切れチェックを目的(おそらくですが…)として、エンジンをかけてニュートラル状態のときは、緑色のニュートラルランプと一緒に赤色のオイル警告灯が点灯する仕組になっています。

オイル量が不足している場合には、ギヤを入れている状態でも赤色の警告灯が単独で点灯しますので、補充が必要という訳ですね。

さて、我らがDT50に話を戻しまして、試走しようとエンジンをかけて、ニュートラルランプとオイル警告灯の点灯を確認した後、スーッとハンドルを切りましたところ…

右に切るとNが消灯

あれ?ニュートラルランプが消えましたね。

反対側にもハンドルを切ってみたところ…

左に切ると全消

今度は両方が消えました。

う~ん…

元のメインハーネス

どう考えても、このメインハーネスが怪しいですよね。

という訳で、我らが主治医、中村モーターサイクル商会の中村さんに分解点検して頂いたところ、あっさりと原因が判明しました。

接触不良コネクタ

どうやら、上記写真のコネクタが緩くなっており、ハンドル動作に合わせて抜けたり刺さったりを繰り返してしまっている状態、いわゆる接触不良を起こしていた様です。

そして、中村さんに作り変えて頂いた新たなコネクタがコチラ!

作り替えたコネクタ

簡単に書いていますが、この辺りの電装系の作業は、通常の整備とは異なった知識や経験そして技術が必要な部分ですよね。素人には決して真似できません。

最後に、ほつれてしまっていたハーネステープを巻きなおしていただいて作業完了です。

巻き直したメインハーネス

さて次回こそ、いよいよ試走の様子をお届けできそうです。

過去現在比較DT50
写真:外観は変わらずとも中身は見違えたDT50(左が入手当初で右が現在)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)