CAR LIFE BLOG

プジョー106 Rallye ヘッドライトカバー補修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日(といっても2ヶ月前)、106RallyeのヘッドライトをHIDからハロゲンに戻した際にビニールテープで適当に塞いだままになっていたヘッドライト裏のカバーを補修することにしました。

<ご参考>2018.12.03の記事
プジョー106 Rallye 良かれと思ってHID→ハロゲンへ…。

まずコチラが現在の状態です。


写真:ビニールテープ補修(運転席側)


写真:ビニールテープ補修(助手席側)

ビニールテープを剥すと…

ご覧のとおり、ポッカリと穴があいています。

不幸中の幸いは、この穴をあけた方が控えめにあけていたことです。

直径は約25mm。

これなら何とでもなりそうですね。

そんなこんなで色々と考えて辿り着いたのがコチラ。

電気製品の配線をまとめたりする際に使用する「絶縁ゴムブッシング」です。

この商品は、センターに自分で穴をあけて使用するタイプなので、新品時は穴が一切あいておらず、今回の補修には最適です。

溝径も16mm~63mmまで設定があり、今回はもちろん穴の直径に合わせて25mmをチョイスしました。

早速、嵌め込んでみますと…

何ということでしょう。

まるで純正部品かと思えるくらいピッタリでした!

後は、熱の影響でどれくらい劣化するかですかね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)