CAR LIFE BLOG

モンキー実車版デアゴスティーニ㉜ タンク錆び取りを失敗する原因【サビ取りの敵は横着心】(DeAGOSTINI)


前回までのあらすじ

第1回:フレームから組み立てスタート

第2回:フレームの錆び対策とスイングアーム組み付け

第3回:リアサス組み付け

第4回:ハンドルロック分解・交換

第5回:ステアリングボトムのダストシール組み込み&トップブリッジ塗装

第6回:フォークアウター&ステム組み付け

第7回:フォークインナー組み付け

第8回:ハブベアリング交換

第9回:前後ドラムブレーキ分解・清掃(オーバーホール)

第10回:前後タイヤ・ホイール&フェンダー組み付け

第11回:ハンドル取付とメインハーネスの取り回し確認

第12回:メインハーネス修復

第13回:電装部品(IGコイル・レギュレータ・CDI・リレー他)の調達&取付け

第14回:リアキャリア・テールランプ・ヘッドライト・ウインカー等 調達&取付け

第15回:スイッチレバー取付・メインハーネス接続

第16回:フレームアース追加~アース不良でウインカーが点灯・点滅しない~

第17回:ヘッドライトレンズ分解・リム塗装

第18回:いよいよエンジン搭載

第19回:ステップ&サイドスタンド取付→スパークテスト

第20回:フロントフェンダーオフセットステー作成

第21回:リアブレーキペダル取付

第22回:ワイヤー・ケーブル取付[ブレーキ・スピードメーター・クラッチ・アクセル]

第23回:純正マフラー取付~ヒートガードのボルト交換で自己満足~

第24回:SP武川Zキックスターターアームのお下がりでキックペダル取付

第25回:凡ミス!ホーンボタンを押したらヒューズが飛んだ!笑

第26回:シフトペダル・チェーン・ジェネレーターカバー取付

第27回:ウインカーアース追加とツールボックス取付

第28回:外装(タンク・シート)の仮組みでデザインを考える

第29回:純正キャブレターのリペア&取付

第30回:特別公開!モンキーをフレームから組み上げると一体いくらかかるのか?

第31回:ガソリンタンクの錆び取り【花咲かG vs モノタロウ vs サンポール】

今回の作業

マジョーラタンクを花咲かGに付けて丸1日が経過したので、今回はその効果の程をご紹介していきます。

と、その前に…

実験で漬けたこのドレンボルトの変貌からご紹介します。

まずは、3時間後の姿です。

ほぼ錆は取れています。

そして、6時間後。

完全に錆が取れました!

恐るべし花咲かG!

さて本題のタンクの方はどうなったでしょうか?

無色透明だった花咲かGの希釈液は、まっ茶色になっていました。

この希釈液は、色が変わってしまっても再利用できるそうなので、

オイラーで抜いて、

容器に取っておきます。

う~ん、何だか汚らしいのでやっぱり廃棄しようかな…。

肝心のタンク内の錆びはと申しますと…

ぱっと見はキレイになった感じですね。

水道水で洗浄していくと、

タンク底にこびりついていた錆や粘着物質が続々と出てきました。

洗浄後はこんな感じ。

効果はありましたが、少し底に錆が残ってしまったようです。

錆が残ってしまった原因

今回の錆び取り作業で、タンク底に錆が残ってしまった原因は、最初の洗浄不足です。

本来であれば、中性洗剤と水道水の水圧でタンク内を徹底的に洗浄してから花咲かGを注入することで最大限の効果を得られることは分かっていたのですが、ちょっと面倒だったので…

パーツクリーナーのみで洗浄してしまいました。

まぁ、クリーニング用に取り分けておいた100mlの花咲かGを濃い目に希釈した洗浄液があるので、これで底部分だけもう1日漬ければ問題ないでしょう。

横着心が出ると、良いことはないですね。

次回の作業


スポンサーリンク

4ミニ広場【4ミニバイクがオモシロイ!】



大型バイクも良いけれど、お手頃サイズの4ミニバイクもオモシロイ!

モンキー実車版デアゴスティーニ!と題してフレームからからモンキー(ゴリラ)を組み立てるなど、私たちが保有する4ミニバイクに関する記事を「車種」「カテゴリー」ごとに整理したページもぜひご覧ください。

4ミニ関連の記事はコチラ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)